着床障害

Implantation failure


着床障害

着床障害とは体外受精で良好な受精卵を何度か子宮に戻しても妊娠に至らないことを指します。着床を阻害する因子としは子宮内膜ポリープ、子宮筋腫、凝固系の異常、免疫異常、子宮内膜着床時期のずれなどが考えられます。

当院では子宮内膜着床能(Endometrial Receptivity Analysis:ERA)検査を開始しました。そのほか、凝固に関連する血液検査、免疫検査(Th1細胞/Th2細胞)なども行っております。

子宮内膜着床能(Endometrial Receptivity Analysis、ERA)検査

検査の目的

子宮内膜着床能検査(ERA)は、良好胚を複数回移植しても着床しない、反復着床不全に対する検査で、着床に最適なタイミングを調べることを目的に行います。
胚と子宮内膜の着床ウィンドウのずれが起きているかどうかを調べることで、最適な移植実施日を決めることができます。

報告によると、ERAの検査を受けた25%の患者様で、移植のタイミングがずれていたという結果が出ています。

検査方法

子宮内膜の着床能を確認するため、移植周期とは別に検査のための周期を設け、自然周期の場合はLHサージ 7日後、ホルモン補充周期の場合は黄体ホルモン投与5日後に子宮内膜の組織を採取します。

子宮内膜の採取は専用の細い管を膣から子宮内へ挿入し、診断に必要な量の組織を採る侵襲性の低い手法となっています。痛みも少ない手法のため、麻酔は使用せずに実施します。

採取された検体はスペインにある検査会社Igenomixに送られ、ERA検査が実施されます。検査結果が当院に届くのは、通常2~3週間後となります。

検査結果で、「子宮内膜の状態が着床に適している」と判定された場合は、次回の周期からも検査時と同様の方法で、移植の準備を進めます。

結果が「子宮内膜の状態が着床に適していない」との判定が出た場合は、2周期目のERA検査を行います。検査の基本的な流れは1周期目と同じですが、子宮内膜の採取日が異なります。

検査費用

当院でART治療中の患者様は、ERA検査費用 165,000円となります。この1周期目の検査で再検査が必要となった場合、2周期目の検査費用は147,000円となります。

当院でART治療を行っていない患者様は、1周期目 265,000円、追加の2周期目 247,000円となります。上記費用は全て税抜き表示となっております。ホルモン検査や薬剤等のその他ERA検査以外の費用は含まれておりません。

診療案内

Menu list